夏の布団カバーやシーツを洗う頻度は?汗をかいた時の洗い方のコツも

洗濯ものと空

夏の寝苦しい夜。目が覚めたら汗で体がビッショリだった!

そんな経験はありませんか?

 

体についた汗は、シャワーをあびれば流せますが・・・

問題は、布団カバーやシーツについた汗。

汗は布団カバーやシーツに染み込み、やがてシミやカビの原因にもなります。

A子
自分の布団はもちろん、家族の布団もキレイに保ちたい!
B子
汚れた布団で寝るのってイヤよね。

 

キレイな布団で気持ちよく眠るためにも、定期的に寝具を洗濯したいところですよね。

 

では、夏場の布団カバーやシーツを洗う頻度はどれくらいが良いのでしょうか?

この記事では、夏における寝具の洗濯頻度汗をかいた時の洗濯のコツについて紹介します。

夏は汗に注意!

夏空の雲

布団を洗う頻度について解説する前に、カンタンに「睡眠中の汗」について知っておきましょう。

 

人間は睡眠時にペットボトル1本分の汗をかくと言われています。

ペットボトル1本分。多いですよね?

この汗は、もちろん布団にも染み込んでしまいます。

B子
夏の夜だと、暑さで余計に汗をかくので注意!

 

布団やシーツに染み込んだ汗は、放っておくとシミ・カビの原因にもなります。

定期的に洗濯して、ベッドを清潔にしておきたいですが・・・

 

正直、毎日洗うのは大変ですよね。

かといって、1ヶ月に1回だと少ない気がします。

A子
洗う頻度って、どれくらいが妥当なのかな?

 

いったい、どれくらいの頻度で洗うのが正解なのでしょうか?

夏の布団カバーやシーツを洗う頻度

洗濯ばさみ

夏になったら、できれば週に1回は布団カバーやシーツを洗濯しましょう。

 

冬なら2週間に1回でも大丈夫ですが、夏はたくさん汗をかきます。

そのため、冬よりは洗う頻度を増やしたほうが良いでしょう。

 

絶対に週に1回洗わなきゃダメ!という明確な決まりはありませんし、逆に週に1回洗えば安心というワケではありませんが・・・

 

やはり、夏は汗をかきやすいものです。

そのため、布団カバーやシーツを洗う頻度は週に1回くらいを心がけたいところ。

A子
私は汗をかきにくいから、月に2回しか洗濯してないなぁ。
B子
自分で気づかないだけで、意外と汗が出てるかもよ?洗う頻度を増やしてみたら?

 

また、ここで覚えておきたいのが「布団やシーツはできるだけ乾かしておく」という事です。

汗などで湿っていると感じたら、布団を干したりエアコンの冷風に数時間あてたりするのも効果的ですよ。

布団とベッド

洗濯した布団を早く乾かす方法!乾かない時の対策と1日で乾く裏技も紹介

汗をかいた時の洗い方のコツ

中性洗剤でやさしく洗濯

洗剤スプレー

布団カバーやシーツを何度も洗うとなると、繊維が傷つかないか気になりますよね。

 

そんな時は、中性洗剤で洗ってみましょう。

中性洗剤なら、酸性やアルカリ性の洗剤に比べて素材への刺激が少なめです。

A子
繊維が傷つきにくくなれば、それだけ布団やシーツを長く使えるわね。
B子
刺激が少ない中性洗剤なら、使い心地もキープできるわよ。

 

どれが中性洗剤かわからない時は、商品の裏面にある「液性」という部分を確認してみましょう。

ここに洗剤の性質が記載されているので、選ぶときの参考にしてみてください。

 

参考までに、大手メーカーの有名な中性洗剤をご紹介します。

▽『アクロン』(ライオン)▽

▽『エマール』(花王)▽

▽『THE LAUNDRESS』(ザ・ランドレス) ▽

洗濯ネットでダメージカット

布団やシーツを洗うときは、洗濯ネットを使うのがオススメです。

洗濯ネットを使わずにそのまま洗濯機に入れると、布が洗濯機にこすれて繊維が痛んでしまいます。

A子
洗う頻度が多いと、その分だけ傷むのが早くなりそう!
B子
長く使うためにも、中性洗剤や洗濯ネットを活用したいわね。

 

布団用の洗濯ネットは通販・ホームセンターなどで購入できるので、布団を洗うときは使ったほうが良いでしょう。

コインランドリーの洗濯機

布団は洗濯ネットなしで洗える?ない時の洗い方や100均の効果は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA